Entries

AROFLY?

こりゃ買っちゃうな

毎度おなじみCyclistの記事にAROFLYなる製品が記載されていました。
元記事はこちら

いずれ記事は消えてしまうでしょうから、コピペしておきますね。

チューブのバルブに装着し、サイクリストの出力を計るパワーメーターが「AROFLY」から登場した。流体の流れの速さを測定する計測器である「ピトー管」をベースに開発され、タイヤの圧力の微小な変化を測定し、高度な計算を行ってパワー出力値を測定する。スマートフォンのアプリに対応し、出力、速度、走行距離、ケイデンス、高度変化をスマホの画面上に表示させることが可能だ。

 対応のバルブは仏式と米式。2017年夏ごろには専用のサイクルコンピュータの発売を予定しており、GPSと高度計が内蔵されるという。

AROFLY ウルトラスマートバイクメーターソリューション
税抜価格:16,000円
サイズ:直径2.3cm 高さ1.9cm 
重量:9g(バルブアダプター無し) 11g(バルブアダプター付き)
対応バルブ:米式、仏式(付属のアダプターを使用)
機能:パワー出力、速度、走行距離、ケイデンス、高度変化、データ記録
電池:CR1632
付属品:バルブ゙アダプター(仏式バルブ用)、スマートフォンフォルダー、電池交換用ツール


なんと、16,000円という破格で登場のパワーメーターですよ!

pwa02-373x249.jpg
ご覧のとおり、バルブキャップのようにホイールに取り付けるだけというシンプルさ。
これなら着脱が簡単で、複数のバイクで使いまわしもできそうですね。

いままでパワーメーターといえば、歪みゲージを使ったものが一般的でしたが、
これはピトー管という、飛行機の速度計測にも使われる原理を応用したもののようです。(詳しいことはググってね)
でも、速度計からパワーの計算って。。。どうなんでしょう?
難しいことは頭の良い人たちに任せておきましょう(笑)

台湾のTBS Groupという企業が手掛けていて、本家ホームページはこちら

日本ではTNIでおなじみのトライスポーツが取り扱いのようです。
Cyclistの記事にも発売時期は明記されていませんが、記事の内容から夏前には発売になりそうですね。
これはきっと買うと思います。

常々『パワーメーターは通勤で使いたい』と言い続けてきましたが、これは気兼ねなく使えますね。
何しろお小遣いで買える金額なのが嬉しいです。
カーボンクランクでも問題ないのがとても嬉しいです!

ひとつ残念なのは、現状はスマホのアプリ、夏ごろに専用のサイコンが出るとのことですが、
手持ちのガーミンでは使えなさそうなところでしょうか。
でも、上の写真を見るとブルートゥースのロゴマークが見えるので、ひょっとすると最近のBT対応のサイコンであればいけるのかもしれません。
今後のサイコン選びの指標にもなりそうですね。

通勤トレーニングのモチベーションアップにもなりそうですし、ぜひ導入したいと思います。
また新情報あれば記載しますね。

ではまた(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sakenmura.blog.fc2.com/tb.php/350-9f623164

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大将@居酒屋N村

Author:大将@居酒屋N村
嫁におうち居酒屋N村の大将と呼ばれてます(=゚ω゚)ノ
東京・国分寺市在住

≪趣味≫
魚釣り・ロードバイク・ランニング等の外遊び&呑み喰いも大好き!

最新トラックバック

訪問者カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR