Entries

パイレンで

先日の記事でシートポストが固着したと報告しましたが
壊すの覚悟でパイプレンチ使ってみました

自分の職場は配管作業なんかもやっているので
当たり前のように(パイレン)パイプレンチが置いてあります。

パイプレンチっていうのは、ボルト等のように六角形でスパナが掛けられるような形状ではなく
ツルっとした丸いパイプの表面にレンチのギザギザを食い込ませることで
配管のネジを回して施工するための工具のことです。
設備系の仕事をしていないと、あまり馴染みの無い工具ですかね。
ちょっと大きめのホームセンターでも売ってはいますが。

それでシートポストを掴んで回してみよう・・・というのが今回の作戦です。

その前に、事前に2日間ほど浸透潤滑材をフレームとシートポストの隙間目指して吹いておきました。
この手の作業に推奨されるのはワコーズのラスペネが有名ですが、
自分は以前買っておいたAZのCKM-001

水置換性もあるし、極圧性も高い、優れた潤滑スプレーです。
1本持ってて損は無いですよ。チェーンオイルとしても優秀らしいです。

では、いってみましょう!
thumbnail_DSC_0912[1]
このレンチのギザギザで、シートポストを掴んで回すのです。

・・・・回すのです

・・・・・・・回すのです(もうどうにでもなれ、という気持ちで思い切って力を入れてみました)


・・・・・・「ジャリっ」という音とともに回りました!

回ればこっちのもんです。
グルグル回しながら、徐々に抜いていきます。

thumbnail_DSC_0915[1]
抜けたシートポストはフレームの身からでた錆(←これが言いたかった)で茶色くなってます。

CKM-001が効いたからかわかりませんが、この錆はオイルに混ざってベトベト状態。
でも、ウエスで拭いたらきれいになりました。
フレーム側もシーとチューブ内にウエスを突っ込んで拭き拭き。
とりあえずそれなりにきれいになったので、改めてグリスを塗って再装着。
ざらつくとか、きついとかも無く、スムーズに挿入できてよかったです。

なんとかなりましたが、一度錆のでた金属はまた錆が出やすいのは間違いないので
今後も心配ではありますね。まあ、もう少しでフレーム入れ替えなんですけどね(笑)

で、このシートポスト固着というのはどの材質のフレームにも起こり得ることで、
今回のようにクロモリフレームの錆(一般的な錆)というのもありますけど、
アルミフレームの場合、『電蝕』という特殊な錆が起きやすく、これがタチ悪いんですよね。
完全にシートポストとフレームがくっ付いてどうにもならないパターンに陥ることもあるらしいです。

そうならないための対策としては、こまめにシートポストを抜いてあげることが一番。
だけど、ポジションが決まってしまうとなかなか面倒ですし、それでポジションがずれるのも嫌ですよね。
また、雨天時のライド後に忙しくてすぐにメンテナンスできないということもあるでしょう。
数週間後にメンテナンスしようとしたら後の祭りなんてことも考えられますよね。

一般的にはシートポスト取り付け時にはグリスを塗ることにはなっていますが、
更によさそうなものを見つけました。それが↓コチラ。

長期防錆オイルです。

本来は工場で作った金属部品を錆びさせないように保管するために塗るオイルですけど
これが凄いんです!
塩水を216時間も噴霧し続けても錆が出ないという驚異の錆止め効果。
これは汗やスポーツドリンクでさびやすいボトルケージやステム、ヘッドキャップのボルトなんかにも
かなり使えちゃうアイテムだと思いますよ。
自分は今度のアルミフレーム組み立てではこれを使ってみたいと思います。
なにしろ通勤で使うバイクは雨で塗れることも多いですし、これからの季節は汗ダクの毎日ですし。

それから、脱線ついでに書きますけど、上に書いた潤滑スプレーのCKM001ですが
これのボトルタイプというのもあります。


先日の記事で、AZのチェーンルブ クリーンの耐久性が落ちてしまったかもと書きましたが
汚れの少なさは素晴らしいけれど、潤滑性の耐久性の無さは流石に厳しいなと。
100Km超えのライドでは使えないですからね。

そこで、そろそろドライタイプへの幻想を捨てて、ウエットで高性能なものに切り替えてみようかなと
そんなことも考えて、実はちょっと前から上に書いたスプレータイプを使ってみてますけど素晴らしいです。
でもやっぱり、自分はチェーンにスプレータイプの潤滑材は使い辛い印象。
やっぱりボトルが良いですよ。

ちなみに、さらに極圧性能を高めたCKM-002というのもあります。

性能は素晴らしいらしいのですが、こちらの方が少し粘度が高いらしく、
チェーンへの馴染みはCKM-001の方が良いみたいです。
自分は水置換もチェーンオイルには重要なファクターだと思うので、CKM-001の方がチェーン向きと読んでます。

このあたりのケミカルを改めて購入して、通勤号でのテストをしていきたいと思います。
ちょっと脱線しましたが、シートポストが抜けて良かったというお話しでした。

ではまた(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sakenmura.blog.fc2.com/tb.php/352-71ed9b2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大将@居酒屋N村

Author:大将@居酒屋N村
嫁におうち居酒屋N村の大将と呼ばれてます(=゚ω゚)ノ
東京・国分寺市在住

≪趣味≫
魚釣り・ロードバイク・ランニング等の外遊び&呑み喰いも大好き!

最新トラックバック

訪問者カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR